スタッフが選んだ旬な情報
観光・買物

目黒のSUNまつり 2016

sunmaturi2016

暦のうえでは立秋を過ぎていますが、まだまだ暑さが厳しい日が続いています。
秋の気配を感じるのは、もう少し先になりそうです。
今回は秋を先取りして、おすすめのおまつりをご紹介いたします。

目黒のSUNまつり(レッツエンジョイ東京のサイト)

目黒区目黒にて、9月18日(日)、目黒のSUNまつりが開催されます。
このおまつりは、「目黒のさんま祭」「おまつり広場」「ふるさと物産展」「子ども広場」の4つのイベントから構成されており、毎年大変多くの方で賑わう目黒区を代表するおまつりです。
目黒と言えば“さんま祭”と返ってくるほど「目黒のさんま祭」は全国的にも知られています。炭火で焼いたさんまを来場者が「おいしい!おいしい」とほおばる様子は、毎年のテレビ中継ではもうすっかりおなじみとなっています。「ふるさと物産展」も、各地の名産品を求める人で賑わいます。また「おまつり広場」では、『さんまは目黒に限る』が決め文句の江戸落語「目黒のさんま」や区民による日本舞踊など、日本古来の伝統芸能に触れることができ、さらに「子ども広場」には、段ボールでできた巨大迷路や体験工作コーナーなどもあり、子どもはもちろんですが、大人も充分楽しめます。

さて、頃は江戸までさかのぼり・・・。

「さんま」は庶民の食べ物では群を抜いて人気があったようです。食べることはもちろん、さまざまな使い方をされていたようです。当時は蚊取り線香や虫除けスプレーがなかった時代ですから、その代わりに、炭火でさんまを焼き、もくもくと黒い煙を立ち上げ、虫除け対策をしていたとか。そのあとはきっと美味しくいただいたのでしょう・・・。
さんまは、脳梗塞・心筋梗塞の予防によいとされており、また悪玉コレステロールを減らす作用、さらには頭の回転を良くする効果もあると言われています。

楽しめて、美味しくて、病気の予防にもなる!
目黒のSUNまつり、おでかけしてみてはいかがでしょうか?

※プチ情報
新鮮なさんまの選び方
・尾をもってサンマの頭を上に向けた時にできるだけまっすぐに立つもの
・目が濁っていないもの
・口先がほんのり黄色のもの

 

 

 

← 記事の一覧へ戻る  ↑ ページの先頭に戻る