スタッフが選んだ旬な情報
観光・買物

梅の名所にでかけよう2015

umekansyou2015

立春を過ぎて、暦の上では春ですが、雪が舞い身震いするほどの冷たい風が吹く日には、まだまだ春は遠いなあと感じます。それでもちらほらと『梅のほころび』を知らせるニュースを耳にするようになりました。時折やさしく吹く風が、なんとも言えない梅の花の香りを運んでくるのももうじきです。

花の名所案内

 

梅は、バラ科サクラ属スモモ亜属の落葉高木で、現在300種類を超えるといわれています。
食用にする果実を採るための『実梅(みうめ)』、観賞をするための『花梅(はなうめ)』に分けられ、花の色は白色・紅色・淡紅色が主流です。梅は桜と同様、葉が出る前に花を咲かせ、一般的には白梅のほうが紅梅よりも早く咲きだします。
さて、東京都内で今が見ごろは池上梅園。大田区池上本門寺の西隣にある閑静な庭園です。

丘の斜面を生かした園内に、大田区の花である梅が咲き誇ります。
白梅150本紅梅は220本、その他しだれなど30種類もの花梅を観賞できます。運がよければ、うぐいすの奏でる澄んだ声を聞くことができるかもしれません・・・。

梅にうぐいす。春の到来を告げる代表格とも言える取り合わせを、ぜひ池上梅園で。

こちらのサイトもどうぞ→梅の名所へでかけよう2015 (るるぶ.comのサイト)

← 記事の一覧へ戻る  ↑ ページの先頭に戻る