スタッフが選んだ旬な情報
お楽しみ情報

このごろ。PART2

長い長い梅雨も明け、けたたましく鳴く蝉にやっと耳も慣れたこのごろ。オリンピックの延期を知ってか、それならばわれわれが主役と言わんばかりに、ビャービャーミンミン・・・。 そんな中「ツクツクボウシ、ツクツクボウシ」。
夏の終わりから初秋にかけて鳴くセミだから、そうだ!暦の上では立秋を過ぎている。
いくら太陽が燦燦と輝こうが、夏特有のゲリラ豪雨に打たれようが、虫たちはちゃんと秋を知っている・・・。体で季節を感じとることができているんですよね。

ここ数年ですっかり夏が変わってしまったような気がしませんか。
クーラーなんてつけなくても、つけてもタイマーをかけておけば眠りについたような、そんな記憶があります。夏には夏の、情緒豊かな風物詩やイベントが楽しみでならなかったそんな思いでがあります。
ならば、ちょっとしたイベントを企画して気が向いたら実行してみてはいかがでしょう。 無理なく何でもよいと思います。

例えば

・季節ごとに俳句を詠んでみる → 5・7・5に季語を置くことを考える時間も楽しい

・気持ち高価なお香を焚く → 煙の少ないものも多くおススメは藤

・気持ち高価な季節のフルーツを食べる →  パッションフルーツは情熱的な酸味が魅力的

・お気に入りのマグカップで気持ち高価なコーヒーを飲む → 某コンビニのものでも十分美味しい

すべて実行してみました・・・。
意義とか意味とか、追求せず気楽に。
まずはこの夏を乗り切りましょう。そして、夏の終わりにぜひともご自身に金メダルを!

だって毎日頑張っているんですもの。

体をリラックスさせる → http://www.tmd.ac.jp/med/psyc/topics/covid-19/stress.pdf

← 記事の一覧へ戻る  ↑ ページの先頭に戻る